手づくりごはんの奮闘記

2018年01月06日 / user364 / 生活 / コメントする

子供の味覚は3歳までで決まる、というのを聞いたことがあり、子供が生まれて離乳食を始めてからは特に、出汁の味や素材の味を生かすような味付けを心がけてきました。


出汁も、それまでは出汁の素を使って味噌汁を作っていましたが、一人目の離乳食を始めたのをきっかけに、鰹節やいりこで出汁を取っていました。それも月日が経つと時間とコストパフォーマンスの問題もあり、今では予め数種類の節がパックに入っているだしパックにお世話になっていますが…出来るだけ余分な物が入っていない、素材の物を使うようにしています。
食育の勉強をしていた時に、今食べている食事が一ヶ月後の自分の体をつくる、というのを学んだので、毎日食べる食事は手づくりする!をモットーに、お惣菜を使わない食事づくりに日々励んでいます。
子供達には栄養のある食事、基本的には一汁三菜を目標に作っていますが、バランス良く食べる事の大切さや、今ではあまり季節を感じられなくなったスーパーでの旬の食材など、まだ理解するには少し難しいと思いながらも、野菜や魚を教えながら食べるのが習慣になっています。子供達も話すと興味津々で聞いてくれて、スーパーに行くのが楽しいと言ってくれます。
ただお腹を満たせばそれでいいと思わず、自分の体をつくる食に対して興味を持ってもらえるように我が家でよくするのが、献立に入っている野菜当てクイズ。今日のご飯には何の野菜が入っているでしょう!とクイズを出すと、子供達は我先にと喜んで答えてくれます。
生きてる限り、必ず必要な食事。味の濃い物は美味しいし、出来合いの物はすぐ食べられるから簡単。大人になって一人暮らしをする時がきたらそれでもいいと思います。でも、せっかくクリアな味覚をもつ子供なので、母としては素材の味を美味しいと思ってもらえるような味付けを心がけたいし、食に対する意識を持ち続けてもらえるように、野菜や魚の旬、またそれがもつ栄養素が体にどう良いのかも学んで欲しいと思います。

キッズサプリの成果が凄いと口コミが良い訳はズバリ「乳酸菌、DHA、カルシウムの3本の柱で子供の発展をバックアップする成果+不足しがちな栄養をバックアップしてくれる、かゆいところに手が届くサプリメントだから」です。キッズサプリが好評の秘訣は?キッズサプリはその名の通り「子供」の為に、100組以上の親子の声に耳を傾け製作したサプリメントなので育児に心もとない気持ちを抱えている母親に推奨します。

http://www.yinbvgyf.net