筋力アップには乳酸を使う!

2018年06月04日 / user377 / 健康 / コメントする

乳酸といえば筋トレや短距離走など無酸素運動をすると出る物質で、疲労物質ともいわれてますね。

人が短距離を思いっきり走った後なんかは筋肉が張って硬くなると思います。それがいわゆる乳酸が溜まった状態ですね。一般的には人の疲れのサインといった印象をお持ちの人も多いかと思います。

しかし、乳酸は決して健康にマイナスな物質ではないんです。なぜならこの乳酸は成長ホルモンの分泌を促してくれる大切な物質だからです。成長ホルモンは筋力アップには欠かせない物質ですからね。

人が無酸素運動をすると筋肉が破壊されますが、成長ホルモンが分泌されることでその破壊された筋繊維を修復し、さらには補強する役割を果たしてくれるのです。これは健康・医療業界では「超回復」と呼ばれています。

現在短期間で痩せたい人がこぞって通われているダイエットを目的としたパーソナルトレーニングジムというものがとても人気ですが、こうしたジムの多くで採用されているトレーニングは筋トレを始めとした無酸素運動です。
ライザップ大宮店の場合

なぜ無酸素運動がダイエットに最も効果的なのかといいますと、それが先ほど言った超回復というものを引き起こすことによって筋力をアップし、それによって基礎代謝をアップさせることが最も効率よくエネルギーの燃焼に繋がるという考え方からきているわけです。

ゆえにこの筋力アップに欠かせない乳酸は、特にダイエッターの方には毎日の食事から積極的に摂っていくと良いで成分だといえるでしょう。乳酸は肉や魚、ヨーグルトやワインなんかに多く含まれていますので、毎日の食事からも手軽に摂取できるものです。ダイエットしてる方は意識的に乳酸を摂ってみてはいかがでしょうか。