私が抱く通信制高校のイメージ

2018年09月04日 / user32892 / 生活 / コメントする

通信制高校と聞くと、何らかの理由で普通の高校に通えない子供たちが行くイメージがあります。

また、通信制ということはあまり実際に学校に通う回数は少なく、家で自分で勉強して単位を取っていくようなイメージがあります。普通の高校ならきちんと学校に通ってさえいれば出席点の加味等もあり単位はまずとれるかと思う(よほど成績がひどくない限り)のですが、通信制の場合、しっかり自分で勉強して試験や課題で良い点数を取らないと単位が取れないイメージがあるので、かなり難しいように感じます。自分を律することができる人、明確な目標がある人でないと自分一人で課題に取り組むのは難しいと思うので、卒業できた人は優秀な人なのではないかと思います。
しかし、通信制に通っていると聞くと、やはり何か普通の高校では不適応があってそこに通っているのだろうなあというマイナスのイメージも少しは感じるのも事実です。仮に私の思った通りだとしても、不適応がありながらも自分の居場所を見つけるために通信制に入学し、自分の力で勉強して卒業できる人はやっぱりすごい人だなあとも思います。
通信制高校に落ちたらどうするか